競馬レース研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

重賞レース分析◆◆毎日杯◆◆

●対象レース

 
3/23(土)阪神11R 毎日杯(GⅢ)芝1800m 発走 15:35
 
3歳馬による芝中距離重賞競争
 

f:id:lesmon:20190323024543j:plain

 

 

●出走馬能力分析

 
 この時期の3歳馬は成長著しく、単純に過去の実績の比較から能力分析は難しい。
 
消去法で不要な馬を消していくことで有力馬をある程度絞り込んでいく。
 
 
・芝レース未勝利馬
アンタエウス
 
・キャリア5戦以上の1勝馬
キングオブコージ
コパノマーティン
 
 
・前走から出走間隔5週以下の1勝馬
ルモンド
キングオブコージ
ダノンテイオー
 
 
実績、能力で抜けた馬は見当たらず混戦模様
間隔空いて出走してくる馬がどれくらい成長しているか、仕上がっているかで結果はいくらでも変わってくる。
非常に難解なレースである。
 
 

●参照データ

 
 
 

●結論

 
◎ マイネルフラップ
11週前のシンザン記念で強い競馬をしており、この間の成長を加味すれば能力優位と判断した。
阪神芝コースは千両賞勝ちの実績がありコース適性の裏付けも心強い。
 
◯ オールイズウェル
12週前に今回と同じ阪神芝1800m(500万下)で0.1秒差の2着。
その時の勝ち馬がすみれS勝ちのサトノルークスであることを考えると価値が高い。
まだキャリア4戦であり、この間の成長を加味すれば十分に勝ち負けできるだろう。
 
▲ セントウル
前走が22週前のアイビーS。牝馬クラシック候補のクロノジェネシス相手に健闘した。
希望的観測ではあるが、この22週分順当に成長していれば当然勝ち負けだろう。
逆に実戦から離れ過ぎたために惨敗の目もある。
リスクもあるが人気の盲点になりそうなため、あえてピックアップした。
 
△ アントリューズ
前走は11週前のシンザン記念8着。未勝利、500万と連勝して1番人気での参戦だった。
完璧な力負けには見えず、立て直してくればここでも勝負になるはずで抑えの評価とした。